【社畜日誌2】残業地獄の終わり?

社畜誌
この記事は約8分で読めます。
こんにちは,しかまろんです
昨日残業の記事を書いたら

今日はいつになく長い残業を

してしまいました(笑)
肩こり.jpeg
ブログに書いたことって
結構実現するのかもしれないです
なので今回で締めます

今回の記事は前回記事の
続きです

前回記事はコチラ
【社畜日誌1】190時間の残業の果てに・・・

前回記事を読むのが
面倒な方のために・・・
===============
~前回のあらすじ~
残業嫌いの男
しかまろんも
納期には抗えず
残業を強いられていた
過去がある

「将来の君のため」という
まあ便利な免罪符を武器に
パワハラまがいの圧力で
次から次へと仕事をふる先輩

無言の圧力に入社数年の
僕は立ち向かう術を
知らなかった

朝8時半から夜11時半まで
プレッシャーを感じながら
仕事する日々に憔悴していく
ことは容易に想像できた

スーパーすら満足に通えず
夕飯はもっぱら帰り道の
セブンイレブンで買う
豚しゃぶサラダ

あの頃は
セブンイレブンが友達だった

気づけば休日出勤が
当たり前になり
その月の残業
(時間外労働)時間は
のべ190時間

さらには
冷えきった心と体に
北陸の冬が
容赦なく襲い掛かり
メンタルタフネスを
ごっそり削り取っていく

「こんな会社なくなればいいのに」
本気でそう思っていた・・・
===============
とここまでが前回のあらすじです

1.残業代は・・・

やさぐれていた僕が経験した
ある忘れられない出来事について
今日はお話していきます
そういえば前回大切なことを
お伝えし忘れていました

残業の賃金の話です

190時間も残業したら
それはそれは残業代
ガッチリもらってたんでしょ?
と思うかもしれません
答えから言っておきますね

63,000円しか
もらってませんでした

サラリーマンって・・・.jpg
なぜかというと
裁量労働だからです

裁量労働というのは
簡単に言うと
働く時間は好き勝手でいいから
ちゃんと成果出してね
という働き方です

裁量労働手当というものが
支給されるのですが
いってみればそれが
残業代みたいなものです
それが5万円強でした

その代わりいくら遅くまでいても
どんなに早く来ても
残業代は発生しません

休日の場合はさすがに
休日手当てが発生しますが

ただ休日出勤には許可が
必要で手続きが非常に面倒です

なのでどうするかというと
記録を付けずに
休日出勤します

つまり記録上は働いてないけど
実際はせっせと働いていて
お金は発生しない

僕は休日もほぼ毎日
出勤していましたが
記録を付けたのは一日だけ

その分で13,000円
というわけですね

なので190時間残業して
その残業代は63,000円と
思ってください

時給換算すると
330円くらいですね

最低賃金がかすむほどの
超低賃金ですね(笑)

話が脱線しましたので
戻ります

休日出勤が
常態化していた僕ですが
必ず休む予定でいた日が
一日だけあります

それは友人の結婚式です

中学時代の友人だったのですが
狭く深い付き合いをしていた
僕だったので親交のある
数少ない友人でした

大人になって
疎遠になっていましたが
せっかくの晴れ舞台
行かないという選択肢は
ない!!

僕はぶっちゃけ結婚式が嫌いな
タイプの人間なんですが
彼の式は珍しく
楽しみにしていました

そう思って楽しみにしていました

2.あんなに楽しみにしてたのに

ところが・・・です

休日出勤という怪物は
それを簡単に許しては
くれませんでした

というのも普段の研究成果を
定期的に発表する報告会が
近々控えていたのですが

そこで発表するための
データがどうしても
足りなかったのです

その報告会のためのデータを
出すためにスケジューリング
した結果

友人の結婚式の日も
出勤する必要が
出てきてしまったのです

ただ
その日は午前中のみで
いいことになったことだけが
不幸中の幸いでした

友人の結婚式は
午後からだったので
午前中に終わらせれば
何とか間に合います

決まってしまったことは
仕方ない
なるべく早く終わらせて 
結婚式に向かおう

前日まで
そう意気込んでいました

しかし当日
必死に作業を進めるものの
思わぬ工程で想定外に時間を
食ってしまったり
するんですよね

結果何とか作業は
終了したものの
予定より時間が
かかってしまいました

式の開始時刻は16時ちょうど

式場は千葉だったのですが
僕の住んでいる地域から
千葉までは電車で3時間くらい

会社を出たのが12時半で
そこから駅までは車で30分弱

電車の発車時刻が
12:59なのでほんと
ギリギリでした

ギリギリすぎて
切符を買う時間がなく
入場券買って
車内で切符買ってました

そのあとも早く会場に 
着かなくては!!
との思いで
乗り継ぎはひたすら
走ってました

3.目から熱いものが・・・

息を切らして汗だくで
なんとか開始の5分前に
会場に着いた時

なぜか
涙が出ていました

泣く.jpeg
友人の結婚を祝う気持ちが
強すぎて涙が出たのかな?と
思いましたが違ってましたね

自分の置かれている状況が
悲しすぎて涙していたんですね

 
今日は休日だろ?
本来ならもっと余裕のある
時間に来れたはず

友人の晴れ舞台なのに
午前中に仕事をして
急いで電車に乗って
こんなに息を切らして
汗だくで・・・

なんでこんなことを
してるんだろう?

今回は友人の結婚式だったけど
何か他の大事な人生のイベントを
迎えそうになった時に
次こそは本当に会社に奪われてしまう
のではないだろうか?

これがずっと続くのだろうか?

そんな風に思うと
たまらなく虚しくなりました

せっかく式中も
こんな思いばかりが
頭の中を駆け巡り
正直結婚式どころでは
ありませんでした

「上司に相談しよう
この状態がまだ続くようなら
続けることはできない
と進言しよう」

式中に僕は
そう心に決めました
(祝いの席で
こんなこと考えてて
すみません)

4.幕引きはあっけないもの

ただ僕の決意を
言葉にして
伝える機会は
ありませんでした

そしてこの残業地獄も
長くは続きませんでした

思いもよらない
情報が入ってきたからです

人事異動です

僕は異動が言い渡され
残業漬けの生活は
そこから一カ月ほど続いたのちに
幕を閉じることとなりました

異動までの一カ月も
引継ぎやなんやらもあり
相変わらずの残業ぶりでしたが
それでも終わりが見えている分
かなり精神的には楽でした

正直この人事異動には
感謝しかないです

あのまま続けていたら
多分2カ月と持たず
つぶれていたと思います

いまはそんな激務からは
解放されました

5.残業魔はどこにでもいるけど

でも部署が変わっても
残業を望んでいる先輩は
どこにでもいるものなんですね(笑)

口には出してきませんが
態度で分かります

僕が一番若いので
期待しているのかもしれないです

はじめのうちはある程度
いうことを聞いていましたが
最近はパッパと帰っています

他人の期待に応えている暇があるなら
自分の本当にしたいことを
やろうと決めたからです

若いうちは会社に長くいて
ひたすら仕事をしろ!
なんていいたいのかも
しれません

残業地獄の頃の僕なら
素直に従っていたかも
しれないですが
今はそうはいかないですね

自分の人生は自分で決めます
やりたいこともやることも
自分で決めさせていただきます

そうしないと死ぬときに必ず
後悔すると確信しているからです

死ぬ間際に
「一つくらい好きなことを
やってみたかった」なんて
言いながら死ぬの嫌じゃないですか?

とはいえ僕のように強制的に
部署替えされたとかでなければ
これまでの残業だらけの生活から
いきなり一変させるのは
難しいかもしれないですね

なのでちょっとした
おせっかいを一つだけ
すこしマインドを変えてみたら
どうでしょう?

「長引きそうなら
あえて次の日に回す」
という意識を持つのが
オススメです

この意識になってからは
仕事への執着なく
スパっと帰れるようになりました

そんなことしていたら
仕事進まないよ
と思うかもしれませんね

それは経験上
あんまり心配いらないと思います
むしろ進むようになるとすら思ってます

これまでなんとか終わらせようと
躍起になって3時間頑張って
残業していた作業が半分くらいの
時間でできるようになりましたから

多分ベースには残業は
結局効率が悪くて
だらだらやってしまいがち
というものかと思います

ポイントはキリのいいところまで
やろうとしないことです

めっちゃキリの悪いとこでも
切り上げて明日に回す!!

是非意識してみてください
はじめは気持ち悪いかも
しれないですが
半月もすれば気持ちに
余裕が出てくるんじゃないか
と思います

記事を読んだ
メッセージをお待ちしております

お問い合わせの際は
・お名前(ニックネームでOK)
・残業について思うこと
・記事を読んだ感想
などを添えてお送りくださいね

下記メールアドレスからも
受け付けておりますのでお気軽にどうぞ!!

記事を読んでみた感想,ご意見などを
お待ちしています!!

・お名前(ニックネームでOK)
・記事を読んでみた感想,ご意見
・革靴転売についての疑問
・サラリーマンが嫌,
脱サラしたいと思っている

などバンバンお寄せください
必ず目を通して返信します

社畜誌
シェアする
しかまろんをフォローする
しかまろん式 人生本気道場
タイトルとURLをコピーしました