メルカリの悪い評価は気にしなくていい? いくつまでなら大丈夫?目安は?

本気の物販ビジネス
この記事は約4分で読めます。
こんにちは,しかまろんです。
 
 
いかにも梅雨って感じの季節になりましたね。
 
 
さてさて,メルカリ物販をするときに
かなりの人が気にする「悪い評価」
 
 
世間では一つでも付くとマズイとか
 
悪い評価を消すために裏ワザ使え!とか
 
色々ささやかれてますが
その辺ぶっちゃけどうなのか?
 
 
日々メルカリに触れている
プレイヤー目線で書いていきます!
 
あ,その前に毎週恒例の報告からw
 
一応こっちがメインなんでね(;^_^A
 
今週はどんな感じだったのか?
早速いきましょうか!
 
 

6/14~20まとめ

 

出品数:12
売上:90,021円
先月同週:76,570円(先月同週比+18%)
 
 
6月目標:550,000円
20日時点:406,654円
進捗率:73.9%
 
うーむ,微妙w
 
やっぱりこの時期,月の真ん中は
僕の中では売上の谷になってます( ;∀;)
 
 
これは副業時代からずっと変わらず
 
 
なのでもう,そういうもんなんでしょうw
 
 
全体の大きな流れは個人ごときが
ギャーギャーいっても変わるはずもなく
 
 
いかにジミーに底上げしていくかしか
ないんでしょうね
 

悪い評価?なにそれおいしいの?

 
さて,話題変わってメルカリの悪い評価!
 
 
もういきなり結論から行きますね
 
 
あっても全然問題なし
 
他に言うことない!以上!!w
 
 
・・・
 
というのは冗談ですけど
悪い評価がつく前後で販売数に
大きな差はないです
 
 
ちなみになぜこう言えるのかというと
僕自身悪い評価が付いているからですw
 
 
ただ,そうは言っても
10も20も悪い評価が付いてOKなのか?
というとそこは怪しいです
 
では逆にどれくらい
悪い評価が付くとまずいのか?
 
僕の超個人的考察では
以下のようになりました
 
・直近悪い評価の割合が4%以上
 
 
まだデータは整理しきれてませんが
それなりの数のユーザーの
 
・悪い評価数
・評価内容
・直近の販売数と悪い評価の相関
 
上記を調査して導き出した仮説ですので
あながち間違いではないはずです
 
あと僕の前職は
科学系の統計分析研究者なので
それで許してくださいw
 
 
では一般的なアンチの法則なども引き合いに
ちょっと話を進めましょう
 

直近悪い評価の割合が〇%以上が目安

うろ覚えですがアンチの法則は
100人中1.5~2人くらいはアンチになってしまう
=悪い評価をされる可能性があるというもの
 
 
これは真面目に販売をやっていても,です
 
 
言われてみれば100人もいたら
そのうち数人ヤバそうな人が混じってても
不思議じゃないですよねw
 
 
なので100件中1~2件悪い評価でも
ある意味それはちゃんと商売してまっせ
ということの証明くらいに考えましょう
 
 
4%以上と若干のバッファーを設けたのは
100人いたらそれ以外に1人くらいは
何かしら不可避のトラブルも
あるかもしれないという理由から
 
 
ちなみに僕の場合
一時ようわからん理由で
マックス悪い評価3%になりましたが
それでも普通に販売はできてました(*^^)v

お客さんの声が何よりの証拠!

さてということで
100人中3人までは悪い評価OK!
 
4人以上になるとちょっと怪しい
という話をしてきました
 
ただこれはあくまで
表面的な数字の話
 
 
実はこれ以上に
販売に影響を与える
悪い評価というものがあります
 
 
それについてここから
書いていこうと思いましたが・・・
 
ごめんなさい(>_<)
 
すでに結構な文字数書いて
疲れちゃいましたw
 
 
気が向いたら
次回の記事で触れていこうと思います
 
 
ぶっちゃけさっきの4%ルールより
こっちの方がずっと重要な話です(; ・`д・´)
 
 
なので次回の記事をお楽しみに~
 

追伸

さっきちらっと前職研究者という話をしました
 
その話をすると決まって聞かれるのが
「どうしてやめちゃったんですか?」
という質問
 
 
安定した仕事を捨て今に至る軌跡は
こちらの記事に書いてますので
ちらっと覗いてみてください^^
 
 
 

記事を読んでみた感想,ご意見などを
お待ちしています!!

・お名前(ニックネームでOK)
・記事を読んでみた感想,ご意見
・革靴転売についての疑問
・サラリーマンが嫌,
脱サラしたいと思っている

などバンバンお寄せください
必ず目を通して返信します

本気の物販ビジネス
シェアする
しかまろんをフォローする
しかまろん式 人生本気道場

コメント

タイトルとURLをコピーしました