本気になるのが怖くて夢も見つからない・・失敗への恐怖に苦しむ日々

本気のプロフィール
この記事は約5分で読めます。
こんにちは,しかまろんです
 
 
人間生きていれば
恥ずかしい失敗の
一つや二つありますよね
 
 
ブログで生き恥を晒しながら
毎日楽しくいきる僕ですが
一時本気で沈んでいた時期が
あります
 
 
 
この記事はこんな人におススメ
・人生に悩んでいる人

・過去に本気で何かに取り組むも挫折してしまった人

・夢が見つからずに苦しんでいる人

死んだように生きた15年間

思えば僕の人生は
半分近く死んでいたのかもしれない
 
 
14の時に囲碁棋士になるという
夢を叶えるため
毎週片道4時間かけて
一人名古屋まで武者修行へ通った
 
 
だが田舎ですっかり
井の中の蛙になっていた僕は
そのレベルの高さに圧倒される
 
 
周りは僕以上の才能を
見込まれたやつらが
プロになるべく
しのぎを削る場所だった
 
 
はじめは圧倒されたが
それでも
一つの目標に向かって
ひたすら走り続けた
 
 
ただただ本気で
囲碁に打ち込んでいた
 
 
そして本気の人間しか
見えることのない景色に
完璧なほどに魅了された
 
 
一度きりしかない人生
 
 
ならば熱く命を輝かせてこそ
僕の一生は意味を持つ
 
 
無駄に生きる人生には
もはや何の意味もない
 
 
たかだか
15そこらのガキだったが
ハッキリとそう思ったことを
今でも鮮明に覚えている
 
 
だが挫折という現実が
容赦なく
15の僕に襲い掛かった
 
 
実力がすべての世界で
僕はちっとも
芽が出ることなく
そこを去ることを
余儀なくされる
 
 
腐り果て夢破れた
15の夜だった
→詳しいことはコチラの記事へ

本気になるのが怖い

そこで俺の時は
止まってしまったんだろう
 
 
本気になることが怖くなった
 
 
何かに熱中することは
やっぱりそれなりに楽しかった
 
 
でも過去のトラウマが
真に本気になることを
いつも阻んだ
 
 
全てにおいてそう
 
 
友達とゲームをしようが
 
スポーツで勝負をしようが
 
テストの点数を競い合おうが
 
恋人ができようが
 
 
もし本気になって叶わなかったら?
 
本気になって負けたらかっこがつかない
 
 
そんな感情が邪魔をして
いつでも僕は本気になる途中に
フェードアウトしていた
 
 
だからはたから見たら
とにかく冷めている奴
という印象だったはずだ
 
 
まだ高校生だったし
一種の中二病要素も
もちろんあったろう
 
 
だが僕の場合は
その冷めっぷりが尋常では
なかった
 
 
時にはその冷めっぷりが
逆に功を奏したのか
クールでちょっとイケてる奴
みたいな評価になることも
あった笑
 
 
本当はアツくなりたいのに
負けたときのことを考えると
怖くて一歩が踏み出せない
 
 
そんな臆病者で弱虫な人間
ただそれだけのことだったのだが

生きることは「ただの作業」

 
大学に進学しても
さらには大学院に進学しても
その状態は変わらなかった
 
 
「本気になったって
いいことなんか一つもない
 
だから俺は本気にはならない」
 
そうやって心を閉ざしていた
 
それが通常運転になると
いつしか何かにチャレンジする
姿勢みたいなものも
徐々に失われていたんだろう
 
 
俺は新しいことに取り組む意欲も
すっかりなくしてしまっていた
 
 
これでいて研究者として
画期的なモノづくりを
しようとしていたのだから
滑稽な話である
 
 
まるで毎日が
生きるという「作業」の
ようにも思ったし
消化試合のようにすら感じられた
 
 
ただずっとその生き方をしていると
さすがに虚しくもなってくる
 
 
それと同時に
この日々にピリオドを打つことは
できないものかと考えるようになった
 
 
本気にはなれなくても
まずは一つくらい
新しいことを始めてみようか
 
 
チャレンジすることで
何かが変わるかもしれない
 
 
そう思い始めた矢先に
ちょっとした転機が訪れた・・・

ネットビジネスに一筋の光?

 
大学院に通っていた俺は
当時修士2年
来年からは就職することが
決まっている
 
 
生涯年収は
県下一位の企業だ
 
 
いわゆる一昔前の
絵に描いたような
レールの上を
歩むだけの人生
 
 
自慢する気はさらさらない
 
むしろ意思なく
流され続けてそこまで
来てしまったことを
後悔していたくらいだ
 
 
「このまま普通に
就職して
普通に会社員を
やっていくのか・・・
 
そうなったら
もう無茶はできんだろうな
 
 
それこそ本気で打ち込むことも
ないのかもしれない
 
 
そんなことを考えたら
居ても立っても居られなくなった
 
 
「やはり何か一つ新しいことに
チャレンジしよう
どうせなら稼げるものがイイ」
 
 
稼げるものがイイと
考えたのには理由があった
 
 
幸か不幸か
当時ある業界には
その可能性がゴロゴロ
していると思ったからだ
 
 
勘のいいあなたは
もうお判りかもしれない
 
 
そう
その業界とは
ネットビジネスだ
 
時は2014年
ネットビジネス隆盛期
 
 
稼げると謳う
ビジネスモデルは
数多く存在していた
 
 
その代表格といえば
やはり
ブログアフィリエイト
だろう
 
 
ただ今でこそ
こうして
ブログを書いているが
 
 
当時大の国語アレルギーだった俺に
ブログを書いて収入を得るというのは
あまりにも非現実的に思えた
(センター試験の国語の点数は
7割を割り込むほど)
 
 
そんな俺の目に偶然とまったのは
バイナリーオプションである
 
 
簡単に解説しておくと
バイナリーオプション(BO)
とは現在の値に対して
未来の値段が上か下どちらかを
予想してあてるというもの
 
 
今でこそ言えるが
要するにただのばくちである
 
 
ただ当時の俺は情報弱者であり
これは「将来に向けた投資です!」
などというキャッチコピーに
すっかりやられてしまった
 
 
俺には非常に魅力的に映り
ともすれば「本気」に飢えている
俺の渇望した心すらも
潤してくれる気がしていた
 
 
「これなら国語力なんていらない
値動きなんて研究したら
分かるようになるだろう」
 
 
直感型といえど
理系人間だった俺は
研究すれば勝てるようになると
確信する
 
 
この刺激に溢れ,狂気にも満ちた
BOという怪物は俺の忘れていた
チャレンジ意欲を掻き立ててくれるに
違いない
 
ここから俺は怒涛の勢いで
バイナリーオプションに
のめり込んでいくことに
なるのだが・・・
 
 
次回へ続く
 
 
 

 

記事を読んでみた感想,ご意見などを
お待ちしています!!

・お名前(ニックネームでOK)
・記事を読んでみた感想,ご意見
・革靴転売についての疑問
・サラリーマンが嫌,
脱サラしたいと思っている

などバンバンお寄せください
必ず目を通して返信します

本気のプロフィール
シェアする
しかまろんをフォローする
しかまろん式 人生本気道場

コメント

タイトルとURLをコピーしました