【台風19号で考える】日常のあたりまえに「感謝」を

本気のひと休み
この記事は約4分で読めます。
こんにちは,しかまろんです
 
 
台風一過ですが
皆さんご無事でしょうか?
 
 
土曜日は河川水位情報を見つつ
ビビりながら過ごしてました
 
 
僕の住んでるところは
何とか無事でしたが
地元長野では川が氾濫して
多くの地域が浸水しました
 
 
 
今回の台風で
被害にあった方々の
一刻も早い復旧を
こころから祈っています
 
 
この台風の被害から
日々の生活をあたりまえに
過ごせることのありがたみに
ついて考えてみました
 
 
『毎日が平和すぎてつまらないな』
 
『もっと刺激のある日々を送りたい』
 
 
そんな風に感じている方に
読んでいただきたい内容です
 
 
さて過去最大級とまで言われた
今回の台風19号
 
 
冒頭で述べましたが
長野では信濃川が氾濫して
大きな被害が出ました
 
 
北陸新幹線の車両も
浸水の被害にあったようですね
 
 
聞いた話によると
一両当たり33億円の費用が
かかっているとか・・・
 
 
被害総額はとんでもない額に
なっていそうですね
 
 
残った爪痕はかなり大きな
モノでしたが
いざ来てみないことには
分からないですよね
 
僕はというと
正直台風をなめていました
 
 
というのも
最近の報道は若干大げさで
『今回の台風は違う!!』みたいな
伝え方が多かったので
 
 
今回もそうなのかな?
なんて感じていました
 
 
加えて
僕は18年間長野に
住んでいましたが
災害の少ない
穏やかな地域でした
 
 
雪は降りますけど
台風の被害なんて
全くなし
 
 
学校も幼稚園の時
一度だけ休みになったくらいで
それ以外は早退にすら
なったことはありませんでした
 
 
不謹慎な話ですが
台風の影響で学校が休みに
なる地域のニュースを見て
羨ましいとすら思っていました
 
 
今回の被害が出るまでは
地元長野は災害とは
あまり縁のない県だと
思っていたんです
 
 
それだけに
今回の被害は
ショックが大きかったですね
 
 
災害が自分ごととして
はっきり認識されました
 
 
平穏な日常なんて
一瞬でぶち壊されてしまう
 
 
自然災害の破壊力を
目の当たりにして
考えを改めました
 
 
日々の生活が平穏無事に
過ごせるというのは
とても微妙なバランスの上に
成り立っていて・・・
 
 
でも今回の一件で
そんな日常も
ふとした拍子に
バランスが崩れて
崩壊するということが
分かりました
 
 
日々の生活が平和すぎて 
忘れていました
 
 
なにげない生活を
営めていることって
ありがたいことなんですね
 
 
何もこれは台風のような
自然災害に限った話ではなく
 
 
突然の事故,病気などで
これまでの当たり前が
突然崩壊することは
十分に考えられると思います
 
 
 
今回の一件で僕が
伝えたいことは
「日常に感謝をする」
 
 
ただそれだけです
 
 
僕は
『生きてるだけで丸儲け』
みたいな言葉が嫌いでした
 
 
この言葉の奥深くにある真意は
分かりませんが
 
僕の中では
「とりあえず生きていれば
いいんだよ」くらいの解釈でした
 
 
「そんな人生に何の意味があるんだ?」
 
「明確な目標がなく
ただ生きているだけの人生に
価値があるのか?」
 
 
そう感じずには
いられなかったからです
 
 
でも今回のような
災害でなすすべのない
状況の後で
 
 
何とか助かった後
ふと思うのはまさに
この『生きてるだけで丸儲け』
という感情なのではないか?
 
 
家も家財も車も水没し
台風が過ぎ去った後でも
その後片付けをしなくては
ならない
 
 
これからの生活を思うと
絶望感がある
 
 
それでも自分の身が
何とか助かったと実感した時
湧き上がってくる思いは
『生きていてよかった』と
いう思いなのだろうと
 
 
日常の一瞬一瞬を大切にして
過ごしていこうと
改めて感じました
 
 
家があること
 
食事ができること
 
仕事があること
 
 
 
そしてこうして記事を
書けていること
 
 
全てのことに感謝をしようと
思いましたね
 
 
日々のあたりまえに感謝,
していますか?

記事を読んでみた感想,ご意見などを
お待ちしています!!

・お名前(ニックネームでOK)
・記事を読んでみた感想,ご意見
・革靴転売についての疑問
・サラリーマンが嫌,
脱サラしたいと思っている

などバンバンお寄せください
必ず目を通して返信します

本気のひと休み
シェアする
しかまろんをフォローする
しかまろん式 人生本気道場

コメント

タイトルとURLをコピーしました